bg
ber

カウンセリング/バイオフィードバック/アロマセラピー/カラーセラピー/ヨーガ/タッピング/リラクセーション/瞑想/マインドフルネス

ホリスティックスペースMuse


バランス

こころとからだは密接に関係しています。医学的(解剖生理学的)にも、「脳」と「からだ」は神経系・免疫系・内分泌系といったシステムがネットワークとしてつながることでお互い関係しあいながら機能しているということがわかっています。このネットワークの働きにより、健康を維持するための恒常性(ホメオスターシス)が保たれ、人は社会や自然環境に適応しながら生きていくことができるのです。

人間のからだは、周囲の変化に絶えず適応しようと五感を通じて情報収集をし、生命を維持するために空気や食べ物や水を外から取り入れようとします。また、「動物」という文字通り、人間は本来絶えず動いているということを前提に創られているわけですから、からだを動かすことで健康が維持できるようになっているのです。

生きていくために必要なエネルギーを体内で作り出すためには、必要な栄養を適切な方法で摂取することが重要です。また、エネルギーを充電することなく消耗し過ぎると、心身が本来持っている治癒システムが十分機能しなくなり、様々な症状が出現するようになります。そのような時には、まず休息を取りエネルギーレベルを回復することが大切です。日中活動している時の交感神経系優位の状態から、副交感神経系優位の状態に切り替えるための気分転換や趣味や運動などを日常生活の中に取り入れることで、心身のリラクセーション反応がスムーズに起こるようになるのです。

現在、ストレスによる病気が増えているのは、本来「自然環境」に適応するように創られていた動物としての人の「こころとからだ」が、「文明環境」に適応させなければならなくなったということが大きな要因として影響していると考えています。もしそうであれば、健康状態を取り戻すためには、再び自然環境の中で自然のリズムに従って生活をすることが大切なこととなります。

そのためには、本来の健康を維持できるような『最適治癒環境』“Optimal Healing Environment”を整える必要があります。昔は、病気になると「転地療養」や「温泉湯治」といった形で環境を変えることで病気療養を行っていたわけです。脳というコンピューターのプログラムを新しく書き換えるためには、外から新しい情報を入力する必要があります。環境を変えるということは、五感を通じて新しい情報を脳に取り入れることになるのです。そして新しく書き換えられたプログラムに従って身体の働きも変わっていくのです。

薬物療法は、身体内に起こった病的状態を一時的に改善することで、とりあえず現在の生活環境に適応させてくれます。しかし、根本的な治療(薬がなくても健康が維持できる状態)ではないため、発症するに至った生活環境やストレス状態を改善しない限り、薬を飲み続けなければいけなくなってしまうのです。

ミューズでは、十分な休息が取れず、運動不足で、偏った食生活を続けた結果としての『健康維持システム(治癒システム)の破綻』を回復するために、「休息(リラクセーション)」と「栄養(食生活)」と「運動(エクササイズ)」の3要素を改善することで最適治癒環境を取り戻すお手伝いをいたします。

バランス

 

統合医療クリニック
改善
まず、お電話にて『健康相談カウンセリング』(1回20分 3,150円)の予約をしていただきます。その時に、相談内容を聞いてからクリニックとミューズの説明をして、治療として初診を受診するのかミューズのセラピーを受けるのかを選択していただきます。《詳しくはこちら》
SP
infomation
神戸市中央区
布引町3-1-7
神戸クリニックビル7F
ナチュラル心療内科クリニック
関連サイト
ブログ
関連サイト
ホリスティックケアジャパン
アロマセラピー LIFETOUCH
 


under
│ HOME │ Muse案内 │ ごあいさつ │ セラピーの案内 │ よくある質問 │ リンク │ お問い合わせ │
Copyright (C) 2009 Natural department of psychosomatic medicine Clinic. All Rights Reserved.
運営:ナチュラル心療内科クリニック 管理:株式会社BEデザイン

bg
ナチュラル心療内科クリニック ホリスティックケアジャパン